読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傘をひらいて、空を

伝聞と嘘とほんとうの話。

おしらせ

このブログのiPhoneアプリができました。以下、一部十月二十六日のお知らせエントリと重複しますが、概要をご紹介します。
本日Appleに申請され、問題がなければ来月上旬にリリースされます。価格は百十五円を予定しています。アプリ開発は@kattaxさん(ブログはこちら)、デザインは@t_ayayayaさんの手になります。
収録エントリは五十編、全編を修正し、一部は大幅に加筆しました。うち三編がブログ未掲載で、一編はいつものエントリの三倍程度の長さです。主な機能は、「はじめから全部読む」「続きを読む」「ランダムピックアップ」「お気に入りリスト」「はてなブックマーク連携」「Twitter連携」。それらを示すアイコンや表紙の質の高さもあいまって、快いインターフェースになりました。組版には細部にわたる作りこみがほどこされ、読みやすさと美しさが同時に実現されています。


できあがったアプリをインストールしたとき、iPhoneで文章を読むということは、本を読むことやPCの画面を読むこととは違う、新しい種類の体験なんだな、と思いました。かける時間は一度に数分、一杯のコーヒーように、隙間の時間に消費する。
この世のブログのいくらかは、そのようなものでありたいと願って書かれていると思います(いちエントリで世界を変えるというブログも、もちろんあるにせよ)。もちろんこのブログもそうです。コーヒー豆を挽いていたら手になじむカップと豆にぴったりの水をプレゼントされたみたいに、私は幸運です。今夜はブローティガンがコーヒーについて書いた文章を探して読みかえそうと思います。


二〇一〇年十二月三十日 槙野さやか 拝

広告を非表示にする